原因から症状まで解説するサイト

>

歯周病を予防するために

歯垢を取り除く

歯周病の主な原因は歯垢です。そのため、歯垢を取り除くことは予防法としてとても効果的です。
歯垢を取り除く方法として一般的なのはブラッシングでしょう。しかし、歯肉の隙間や歯と歯の間など、歯ブラシでは届きにくい部分を磨き残してしまうことが多々あります。そんな細かい部分の歯垢を落とすために効果的なのがデンタルフロスです。持ち手がついたタイプや糸状のものを巻いてあるタイプがありますが、そこは本人の使いやすい方を選ぶといいでしょう。デンタルフロスは細い繊維を束ねた糸のようなもので、歯と歯の間に通すことでその部分の歯垢を取り除くことができます。
歯ブラシでブラッシングを行った後にデンタルフロスで歯ブラシでは届かない部分を磨く。これだけで歯周病にかかるリスクはだいぶ抑えられるのではないでしょうか。

歯磨き剤を選ぶ

ブラッシングをする際には歯ブラシに歯磨き剤を付けるかと思います。その歯磨き剤の成分によっては歯周病の予防に効果があるものがあります。
歯磨き剤の成分を大きく分けると殺菌成分、抗炎症成分、血流改善成分、洗浄成分、歯質強化成分、代謝補助成分、抗酸化成分の7種類です。
具体的に成分名を言うと、イソプロピルメチルフェノール、トリクロサン、βグリチルレチン酸、塩化ナトリウム、フッ化ナトリウム、ビタミンCなどです。これらの成分はあくまで一部です。自身の体質によって最適な歯磨き剤は変わってきます。アレルギーなどで適していない場合もある為、不安なようでしたらかかりつけの歯科医師などに相談してみてはいかがでしょうか。


TOPへ戻る