原因から症状まで解説するサイト

>

歯周病の症状

歯周病の症状

歯周病の初期症状として、歯磨きしたときに出血する、歯肉が腫れている、歯肉があかみ帯びているなどといったことがあります。これらに当てはまる方は、これ以上進行する前に歯科医の受診をするべきでしょう。早期に治療すれば治療期間も、かかる費用も少なくて済みます。
さらに症状が進むと、口内がねばついたり口臭が気になったりします。また、歯槽骨という部分がとけ、歯肉が下がり、歯がぐらついてしまいます。
悪化すると細菌が血管を通り、全身に回ることで脳梗塞や心筋梗塞などの様々な合併症にかかるリスクが上がります。また、糖尿にかかっていると歯周病にかかりやすくなります。逆に歯周病は糖尿病を悪化させます。悪循環となってしまうため、どちらにもかからないように注意する必要があります。

歯周病が悪化するとどうなるのか

歯周病が悪化すると脳梗塞や心筋梗塞などの重い症状になることがあります。歯周病のせいで起きた炎症が繰り返されることで、毒性物質が発生します。この毒性物質が血管を伝って全身に運ばれることで病気を発症させたり、悪化させたりするのです。炎症を引き起こす物質はインスリンの働きを阻害するため、糖尿病の方には非常に悪影響を及ぼします。また、気管支から肺に入ることもあり、肺炎の原因となっています。中でも歯周病菌に含まれるジンジパインというタンパク質は、アルツハイマーを悪化させる可能性があると言われており、前述した肺炎も含め、特に高齢者は注意が必要です。
しかし、歯周病の予防を行えばそれらのリスクは劇的に低くすることが可能です。


TOPへ戻る