原因から症状まで解説するサイト

>

歯周病とはどんな病気か

歯周病とは

歯周病とは細菌が原因で引き起こされる炎症性の疾患です。歯槽膿漏や歯周疾患、ペリオとも言います。
主な原因は歯垢ですが、まれに歯垢が関係ない、非プラーク性歯周疾患にかかる方もいます。歯周病のうち、歯肉に炎症が起こる病気を歯肉炎、歯肉以外の組織に起こる病気を歯周炎といいます。
歯周病は遺伝子や環境、年齢、性別、メタボリックシンドロームなどと相互関係があるそうです。また、細菌性の炎症ということもあり、糖尿病や心臓病など様々な合併症にかかるリスクが上がってしまいます。
口内環境を悪化させるだけでなく、様々な合併症を引き起こす可能性があるため、最も歯を失う可能性の高い病気ともいわれています。
発症させないよう、普段から対策を行いましょう。

プラークとは

「プラーク」という言葉を一度は聞いたことがあるでしょう。いったい何のことなのかおわかりでしょうか。よく食べかすと勘違いされていますが、プラークとは、口内に存在し、主に歯に付着した菌の塊のことです。白みがかった黄色い物質で、およそ80パーセントが水分でできています。この中に含まれている歯周病菌が歯周病を引き起こす原因なのです。さらにプラークは粘着性が強い物質です。そのため、うがいやブラッシングでは落ちにくいのです。したがって、念入りに丁寧なブラッシングを行い、デンタルフロスも使用するといいでしょう。
ちなみに、プラーク1mgあたりに最近は2億以上存在していると言われています。いかにブラッシングが大事か、プラークが怖いかわかるでしょう。


TOPへ戻る