歯周病の原因と予防法を詳しく解説!

原因から症状まで解説するサイト

歯周病の原因とは

歯周病とは、歯槽膿漏とも呼ばれる病気です。細菌の感染により引き起こされます。歯と歯肉の境目の部分を清潔にしていないと、その部分に細菌がたまり、歯肉の周辺で炎症が起こってしまいます。病気が進行すると最悪の場合、抜歯しなくてはならなくなります。厄介なことに痛みがほとんどないため、自覚しにくい病気です。しかし、日頃から歯を清潔にすることである程度の予防はできる病気です。
ところで、歯周病になるとどんな影響があるかご存じですか。
まず、歯がガタついてしまい、最悪の場合は抜歯しなくてはなりません。それだけではなく、歯周病は様々な合併症を引き起こす原因でもあるのです。
歯周病の原因は細菌の増殖です。その増殖した細菌が何らかの原因で血液中に入り込むと、全身に運ばれてしまいます。これが合併症を引き起こしてしまう原因なのです。
歯周病が引き起こしてしまう合併症は様々なものがあります。例えば糖尿病、肺炎などのほか、心臓疾患、脳卒中、心筋梗塞などの危険な疾患も引き起こしてしまうことがあります。とはいえ、糖尿病や肺炎も重症化すると命の危険もある疾患です。どれも危険な疾患なので十分注意しましょう。
以上のことから分かる通り、歯周病は単なる歯の病気ではありません。様々な合併症を引き起こす恐ろしい疾患なのです。
歯周病は誰にでも起こり得る疾患であり、馬鹿にできない疾患です。だからこそどんな疾患なのかを知り、対策を講じる必要があるのです。

TOPへ戻る